記事一覧

JF無し最新ホテル

RSS

サイトマップ

禁酒日の様子

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バンコク・全裸店での接客比べ。ドールハウス・スージーウォン・クレイジーハウスでおまけのカクタスクラブ。

バンコクで全裸接客店と言うと、ナナプラザは規制が厳しくなってしまって、全裸ダンサーなんて殆ど見られなくなってしまったですし、必然的にソイカウボーイで全裸ダンサーがいるバーとなってしまうかと思います。

と言うわけで、この4店舗を取り上げてみたいと思います。

ドールハウス・スージーウォン・クレイジーハウスでおまけのカクタスクラブ

タイの夜を探るなら!タイナイトライフ情報(ノンアダルト)ランキングさらなるタイの情報仕入れ

バンコク・ソイカウボーイ・スージーウォン
↑こちらはスージーウォン。

お客さんの多さは、クレイジーハウスが別格かとは思いますが、人によってはその良し悪しもあるかと思います。

マッタリと飲むのであれば、ドールハウスも悪くはありません。


せっかくのパタヤ滞在。ホテルは綺麗で良い部屋を!これぞパタヤの4大ホテル!JF無し・アリでもお勧めホテル

ヒルトンパタヤ  パタヤホテルの王様と言えば、やはりヒルトンパタヤ。セントラルデパートの上と便利かつ納得の空間。JFが1000Bとられるのだが、上手く連れ込んで取られなかったの報告も多し。運が悪いととられてしまう。全てが別格のホテル。その眺めも最高。嬢が驚いてしまうことも多々あるだろう。
メルキュールパタヤオーシャンリゾートメルキュールパタヤオーシャンリゾート 2014年オープンしたばかりの新しく豪華なホテル。眺めもよく快適な空間。
saiam.jpgサイアム@サイアムホテル。ノースパタヤソイ2付近。2013年オープンのデザインホテル。かなり綺麗でJF無し!セカンドロードにも面しているので、ソンテウ(10B乗合)での移動も楽。デパートのBigCもすぐ近くて便利。
セントラアベニューパタヤセントラアベニューパタヤ 2014年オープンの新しく綺麗なホテル。こちらはソイLKメトロ・ソイブァカオ近く。まわりのリーズナブルホテルとは一線を画して豪華。JF無し。

バンコク新築・新古コンドミニアム・パタヤ新築・新古コンドミニアム。情報多数あります。購入をお考えの方はコチラ→のメールアドレスまでご一報下さい。tuktuk@gmail.comリーズナブルな物件多数あります。

容姿に拘るのであれば、クレイジーハウス。マッタリ派は、スージーウォンやドールハウスもアリ。カクタスクラブは喫茶店感覚。

まずは、各々の最近の特徴を取り上げてみたいと思います。
  • クレイジーハウス:良くも悪くも人気店の良さ悪さは見えるが、露出・人数・容姿はさすが。テキーラ&コーラを頼まれようが、ウェイトレスが煩かろうがその迫力はピカイチ。

  • ドールハウス:新たにリオープンしてから当初こそお客さんは多かったが、また少し落ち着いてきてしまった感じ。女の子の面子もリオープンからあまり変わらないのも難点。ただゆっくり飲ませてくれる雰囲気は良し。

  • スージーウォン:一時期の元気の無さからは復活の傾向はアリ。この4店舗の中では2番手。ヒョッコリ若い子を捕まえられることができると楽しいバー。

  • カクタスクラブ:古き良き場末感を未だに残している数少ないバーではあるが、いかんせん女の子の数は少ないこじんまり店。アジア系のお客さんはごくごく少数。全裸ダンサーが目の前にいるのに、ファラン客は食事をしていたりすることもあったりと異様な喫茶店のような空間。ただまれにアジア要因とも思える子がいたりすると目っけ物。
ざっくり最近の傾向を言うとこんな感じかと思います。

パタヤで選ぶならこのホテル!ウォーキングストリート派とソイLKメトロにも近いソイ10&近辺JF(ジョイナーフィー)“連れ込み料のかからないホテル”最新情報

さらにバンコク・パタヤの最新ホテル情報!

新オープン時 ホテル名 場所 一言
2015オープン シトラススクンビットホテル バンコクBTSナナ駅付近 部屋は小さ目だがキレイで安い
2015オープン Movenpick Hotel Sukhumvit 15 バンコクナナ駅から徒歩15分くらい 最寄ナナ・アソーク・テルメなど
2015オープン インディゴ バンコク ワイヤレス ロード バンコク・プルンチット・タニヤ・パッポンやナナプラザ プルチット駅から少しいった所・キレイ!
2015オープン Uサトーンホテル バンコク・サトーン・最寄はタニヤ・パッポン 少々分かり辛い立地だが、ゆっくりできる
2015オープン ウェルホテルバンコク バンコク・スクンビットソイ20・最寄はソイカウボーイ 2016年からプレオープンが始まったばかりの新ホテルホヤホヤ。
2015オープン セントラアベニューホテル パタヤ・ソイブァカオ 新しい部屋・フィットネスやサウナも完備
2016オープン ノボテルバンコクスクンビット20 バンコク・スクンビットソイ20 高級・快適。最寄ソイカウボーイ。

バンコク・パタヤホテルJF(ジョイナーフィー)“連れ込み料のかからないホテル”最新情報

全裸店の全裸接客。

全裸ダンサーのいるバーであっても、全裸接客までとなるとさすがにクレイジーハウスが飛びぬけて目立ちますね。カクタスクラブあたりも見られるかと思いますが・・・ただおばちゃんであったり盛り上がりなどは全くの別物w

このあたりがファラン客層にもクレイジーハウスが強い点ではあるのでしょうが、中間と考えるとスージーウォン(下はしっかり履いておりますが、上はトップレス接客の子は多い)。ドールハウスはマッタリ過ごせるという点で(基本的に女の子もアプローチも少なく呼んでもその子だけを対応していればチョッカイが他からあまり出ない)でしょうね。

深夜の盛り上がりなど酔っ払いの子が多いなどやはり全裸ダンサー店となると、どうしてもクレイジーハウスが目立ちますが、たった一人気に入る子とイチャイチャ飲みたい!となれば、スージーウォンやドールハウスもチェックしてみても良いかとは思います。

カクタスクラブは、もし気になるのであれば喫茶店代わりに寄ってみてあげて下さい。汗

【見た目は普通のキャンディー!】お酒を飲んだ後だから自信がないな、そんな時は!2、3回戦も可能にする大人の夜の必需品「NYCキャンディ」がお勧め!女の子にばれずに準備万端! 

楽しめる内に楽しんでおきたい、バンコクの全裸ダンサー。

よく考えると、全裸ダンサーが見られるバーはバンコクではかなり少なくなってきました。

今の内に上記のバーなども楽しんでおいた方が良いのかもしれませんね。

厳密に言うと、ナナプラザのレインボー4あたりやバカラも確かに露出はある。ただそのノリと言うか、飲みながらにちょっとチョッカイを出し合いながら楽しく飲めるか?となると、そうした雰囲気でもない。女の子のガードも固い。

コヨーテの子も増えてき、バーの個性が中々出せなくなってきている事情もあるだけに、こうした個性のあるバーというのは是非頑張ってもらいたいとは個人的には感じております。

今の内かもしれない。全裸接客の楽しめるバー。

人気店の合間にこうしたバーも寄ってみて、是非その良さを堪能してみては如何でしょうか?

こうしたバーでは(クレイジーハウスは除きますが・・・)人気店の子達と比べてはいけません。露出をしなければならない子(年齢的にも)というのも多々含まれる場合もありますので、そうした子達のある程度覚悟のある接客というのは、また時に感じることはあるかと思います。



人には言えない性病の悩みや予防にも抗生物質があれば安心です。レボクイン500mg(クラビットジェネリック)【7シートセット】

バンコク・ゴーゴーバー・広告

パタヤのリーズナブルJF無しホテルのチェック!JF(ジョイナーフィー)“連れ込み料のかからないホテル”最新情報

関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

ツイッターでタイの夜をリアルタイムでつぶやいています!!

人気のある記事

タイ風俗関連リンク集

相互リンク受付中です。連絡して頂く必要はありません。リンクして頂ければ、確認次第↓に登録させて頂きます。

タイ風俗夜遊びカテゴリー

ブログ内検索

様々な風俗情報夜遊び情報を扱っているので、『こんな情報ないかな??』と思ったら検索をかけてみてください!!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。